お客を呼ぶ!?店舗デザインの方法とポイント

お客を呼ぶ!?店舗デザインの方法とポイント

店舗をデザインするには

お店に入る時、重要になってくるのが商品やサービスなどのほか店舗デザインになります。
お店に入りやすかったり、居心地よく感じる、おしゃれだったり可愛いものやクールなものなど様々なデザインがありますが、コンセプトや売るものなどで変化させることが大切です。

店舗デザインの方法とは

店舗デザインは、何を売るのか、どんなサービスを行いたいのかによって大きく異なってきます。
衣類などの物販をしたいという場合には、店頭にショーウィンドを設けてシーズンや目玉商品などをプレゼンテーションしていきます。入口近くにはお客様の手に取りやすいものなど、店の奥には試着など、必要なものなどを置いていきます。
飲食店の場合は、ファミレスやファストフード店ならなるべくスムーズに行き来しやすいシンプルなデザインを心がけます。サンプルケースなどや待合席を設けることで、出入りしやすくなります。高級料理店では、サンプルケースなどは設置せず入りにくくすることで、どんなお店かを想像させ、気分を盛り上げるようなデザインにしていきます。

内装のポイントについて

店舗デザインが良くても、内装が良くなければリピーターはつかないため注意が必要です。
内装をデザインするときのポイントは、店のコンセプトに合わせて作っていきます。ファミリーをターゲットにしているなら子供向けの設備や機能が必要となり、女性が多い店舗ではトイレの設備がしっかりしていないとリピーターがつかなくなります。
また、動線や生産性、サービスなどを考えて機器を入れたり、設備などをレイアウトしていくことがポイントです。

店舗の内装を考えるとき、どのような客層をターゲットとしているのか、どのような店舗雰囲気にしたいのか、店舗全体の方向性によって内装デザインは変わってきます。