店舗デザインのレイアウトや内装をイメージするための方法

店舗デザインのレイアウトや内装をイメージするための方法

店舗のレイアウトを考えるための視点

店舗デザインのレイアウトを考えるには、二つの視点から考えなければなりません。

一つは、お客様と従業員の動線の取り方です。お客様の動線とサービス動線を交差させないように配置し、従業員の動く範囲をできるだけ短くして、無駄なく効率的なレイアウトにします。まず最初にレジの位置を決めてからレイアウトを計画していく場合が多いようです。レジ位置は、従業員の動線の基となり、最もお客様との接点が多いので重要になってきます。

もう一つは、店内のイメージ造りです。イメージを造るには、この店がどんなコンセプトを持つのかをはっきりとさせなければいけません。飲食店であれば、どのような料理をメインにするかを明確にするということです。

店舗の内装をイメージする時に重視する点

店舗の内装をイメージするときには、お客様が来店しやすく、店の中まで入り商品を見てもらえるような工夫が大切です。内装デザインを考える時には、品揃えの良さを表現できるように、新しさや賑やかさ、または落ち着きなど店舗に合わせた雰囲気で何を重視するかを考えます。お客様が何を目的に来店するのかによって機能性を考え設計を行うと、「また来店したい」と思ってもらえるようになるでしょう。お客様に快適なショッピングを楽しんでもらえるように、店舗のイメージに沿った雰囲気の良さを考えるのが、売り上げのアップにも繋がります。また、お客様の性別や年齢なども考えて、明るさや心地よさを入れていくと、さらに店舗のイメージがよくなるでしょう。

内装デザインを依頼するときは、写真やイラストでイメージを伝えるのがおすすめです。言葉だけでは細かなニュアンスが伝わらないからです。