快適な空間を作るには?業種と内装から店舗デザインを考える

快適な空間を作るには?業種と内装から店舗デザインを考える

カフェやレストランの場合

カフェやレストランなどの飲食店は、見せる部分と見せない部分の区別をつけることが大切です。バックヤードの作業が見える設計だと、お店の雰囲気も崩れてしまいます。オープンキッチンは演出として見せる部分だけでなく、作業が中心の見せない部分も作っておくのがポイントです。座席の配置を工夫することで、稼働率も上がりやすくなります。スタッフが効率良く動くためには、十分な通路幅も必要です。収納スペースは取り出しやすく、しまいやすい設計が望ましいでしょう。

美容室やエステサロンの場合

美容室やエステサロンはお客様の滞在時間が長いため、居心地の良い店舗デザインが求められます。施術中は自由に動けないので、イスやベッドの快適さも重要なポイントです。隣の席との距離感や、限られた空間を上手く使うことで窮屈な印象も与えにくくなります。イスの数や床面積など、自治体に決められた基準も考えて設計しなければなりません。配管の位置といった、水回りの設備にも気を配っておきましょう。

ブティックやインテリアショップの場合

ブティックやインテリアショップは、季節に応じて内装も変えていきます。おすすめしたい商品を見栄えよく陳列することで、お客様の購買意欲も高められます。入口付近はお客様の目を惹きやすく、人気商品を並べるには最適の場所です。店内を隅々まで見てもらうためには、動線を意識した空間づくりも必要になってきます。初めてのお客様に向けて、敷居を高くしすぎず入りやすい雰囲気を心掛けることも大事でしょう。

店舗デザインをプロにお願いすれば素敵な外観・内装で店を作る事が出来るので、デザインに関してはしっかりお金を掛けておくのが良いでしょう。