利用者層を考えよう!店舗デザインの方針を立てる基本とは?

利用者層を考えよう!店舗デザインの方針を立てる基本とは?

利用者を考えて店舗デザインをするのが基本

店舗デザインをするときに重要なのが利用者層がどうなるかを考えることです。利用者にとって快適で利便性が高い空間を提供することによってリピーターが増加すると期待できます。主婦層が主な利用者になるのであれば、主婦の嗜好を考えることがまず重要です。それに加えて子連れで来る可能性が高いと考えたら、子供が喜んでくれるような内装にすると一緒に来てくれる可能性が高まります。夫婦で来ることを想定するなら男女の好みの違いも考慮してデザインするのが重要です。単純に利用者層を考えるだけでなく、同伴者や店舗を訪れるシーンも考慮して最適なデザインを考えるようにすると、多くのリピーターが手に入るでしょう。

利用者の嗜好を調査しよう

どんなデザインが良いかで悩んだら、想定している利用者の嗜好を調査することが肝心です。アンケート調査を不特定多数の人に対して行うのは効果的な方法であり、他の企業が持っていない情報を独自に手に入れられるのでオリジナルの考え方で店舗をデザインすることができます。レイアウトも内装も利用者が好むように作り上げれば、店舗を構えたときから集客力が高くなり、さらにリピーターも着実に獲得できるでしょう。一般に行われている市場調査の結果を集めて考えてみるのも良い方法であり、コストがほとんどかからず、迅速に店舗デザインを始められるメリットがあります。ただし、多少の工夫をしないと競合店との差異を作れないということは念頭に置いておきましょう。

インテリアや内装にこだわる人が最近増えてきています。古くなった家を新しくするのはもちろん、より生活を豊かにするにはとても重要な内装工事です